Yellow Beeが解散!淫らな私生活をしたメンバーは誰?

KPOP

こんにちは!

韓国のアイドルグループの「Yellow Bee」が今年5月に解散していたことが分かりました。

解散理由は「メンバーの淫らな私生活が原因」とのこと。

 

そこで今回は、Yellow Beeの解散理由「淫らな私生活」についてや、該当者のメンバーは誰かについて調べてきました!

スポンサーリンク

Yellow Beeが解散!原因は「淫らな私生活」

Yellow Beeの所属事務所Addictionエンターテインメントは去る5月、公式SNSを通じてYellow Beeの解散を公式発表している。

所属事務所は「既存のメンバーを全員入れ替えてYellow Beeを続行する考えがあった」とグループ解散を防ぐための努力を前置きした上で、「あるメンバーの淫らな私生活をはじめ、会社と各メンバーとの意見の相違を調整できずに大変悩んだ挙句、会社の内部会議で解散することを決定した」と明かしている。

引用:ライブドアnews

 

スキャンダルに厳しい韓国の事務所が「淫らな」という言葉を使うのは異例で、その言葉を意味するのは

過度な異性間交流や枕営業」とも言われています。

スポンサーリンク

Yellow Beeのメンバー情報!

メンバーはこの10人。(写真はすべてmakestar.co

  • Rhyuee

yellow bee

  • Annie

yellow bee

  • Seolha

yellow bee

  • Soye

yellow bee

  • Ari

yellow bee

  • Seona

yellow bee

  • Somee

yellow bee

  • Berry

yellow bee

  • Rozy

yellow bee

  • Boyeon

yellow bee

 

特に目立った活動をしていたのは上の5人だと思われます。

淫らな私生活をしていたメンバーは誰?

これに関して元メンバーの「Ari アリ」がこう語っています。

会社側はあるメンバーの私生活が淫らだと言いましたが、会社の言う“淫ら”という言葉の意味がよくわかりません。男女が外で一緒に立っていただけでも“淫ら”なのでしょうか。それではほとんどの人が淫らなのでしょうか。この事は事実無根で会社が誇張して言ったものです。

淫らな行動はメンバーがしたのではなく、会社がしたと言っても過言ではありません。会社では関係者とマネージャーにセクハラされることがありました。会社の関係者のその方は1人のメンバーを連れて練習室に行き、性行為をしようとしたが、その状況に大勢の人がいたにもかかわらず止めるのはメンバーのみでした。

“オッパ(お兄ちゃん)と呼べ”と言われたり、太ももに触わられたりするなどのセクハラ被害を受け、元マネージャーからは“赤ちゃんを作りにホテルに行こう”“父親はお前が勝手に探せ”など、口にするのもはばかられる言葉を吐かれたりもしました。

始まりは会社からメンバーの私生活が淫らだということで対立関係に置かれていたが、まさか何でもないことで一生懸命練習してデビューしたYellow Beeの解散と引き換えるなんて話になりません。会社が私たちを悪者に仕立て上げているので、私たちはどうすればいいのか分からず、メンバー代表として書き込みを残します。ここまでの長文を読んでくださって有難うございます。

引用:ライブドアnews

彼女曰く、私たちメンバーは淫らな私生活を送ってはいない。

会社のスタッフによるセクハラなどを隠ぺいするために私たちを悪者にした。と語っています。

 

これが本当であればやはり韓国のアイドル事情は「闇」ですね。

 

余談ですが韓国の男性は「オッパ」と呼ばれることが好きみたいです。

純粋に歌手になりたい、売れたいという気持ちを利用して枕営業のようなことを要求するのはかなり卑劣の極み。

まとめ

メンバーが過去に起きていた実態をリークすることで明らかになってきた実態。

いつの時代もこのようなことはなくならないのでしょうか。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
KPOP
すずいち速報

コメント

タイトルとURLをコピーしました