簗和生(やなかずお)の経歴プロフィール!党会合でどんな差別発言をしたの?

炎上・批判殺到

こんにちは!

 

自民党に所属している簗和生(やなかずお)議員が「LGBTは種の保存に背く」などと発言し大炎上しています。

 

今回は、簗和生(やなかずお)議員の経歴プロフィールや、党会合で発言した内容をまとめていきたいと思います!

スポンサーリンク

簗和生(やなかずお)が大炎上!党会合の発言まとめ!

事の始まりは自民党が20日に行ったLGBT新法をめぐる会合の中で、簗和生議員が発言したこの問題発言がキッカケです。

生物学的に自然に備わっている『種の保存』にあらがってやっている感じだ」と述べた。こうした主張を口にできなくなる社会はおかしい

 

そしてこの発言に対しては一部の議員から「差別している」と言われたものの、大多数の議員がそのような発言を反対し、「差別している」という意見を問題視するという異常な会議が行われていたようです。

言ってしまえば自民党の大多数の議員が差別主義者で構成されたようなものなのです。

 

また、山谷えり子議員は

体は男だけど自分は女だから女子トイレに入れろとか、アメリカなんかでは女子陸上競技に参加してしまってダーッとメダルを取るとか、ばかげたことは起きている

と現状起きていることといいますか、当事者の思いを無視するかのように悪い部分だけを摘み取って問題を定義し、さらにLGBT差別を加速させているかのように思えます。

 

さらにそれだけではなく、西田昌司政務調査会長代理はこんな発言も。

お互い我慢して社会を守る受忍義務がある。差別があったら訴訟となれば社会が壊れる

ここで言う西田昌司議員の「受忍」とは、

『受忍』とは寛容のこと。ちょっとした差別や違和感でも、法律の趣旨に従って社会全体が受け入れるべきだとなれば、みんなが窮屈になるのではないかという意味で発言した

とのことらしい。

 

つまり噛み砕くと、LGBT当事者が受ける差別は我慢しろ。そのような差別はちょっとしたこと。

ということですよね。

いくら何でもLGBT当事者の気持ちを考えずにここまで発言してしまうのは逆にすがすがしいほどの差別主義者であることが分かりました。

スポンサーリンク

自民党のLGBTに対する考え方は?

そもそも今回のLGBT法案は「差別は許されない」という基本理念があります。

その意味に対し自民党議員は「差別はしたらいけない」ということすらも自民党議員が反対し、「人間は種の保存をしなければならず、LGBTはそれに背く」「道徳的にLGBTは認められない」というあまりにもひどい内容で会合が行われていたようです。

 

正直、反対されるような内容ではないと思います。実際差別は許されないですし、アメリカなどでも大規模に黒人差別、アジア人差別反対という運動がなされているわけですから。

あまりにも自民党議員の時代錯誤な考え方に呆れてしまうレベルですね。

 

きっとこの先「同性婚」が可能になる未来が日本に来たとして、法律が変わっても周りの目が変わらない限り同性カップルが心から幸せと思えるような日は来ないと思います。

なぜLGBTを差別してはいけないという思いから「LGBTは生産性がない」「足立区が滅びる」といった発言が生まれるのでしょうか。

そもそも男女カップルでも子供を持たないという選択肢だってありますし、持ちたくても経済的に厳しいといった理由など多いと思います。

もっと違うことで議論しなければいけない課題はたくさんあると思いますけどね。

簗和生(やなかずお)の経歴プロフィール

次に簗和生議員の経歴やプロフィールをまとめたいと思います。

簗和生(やなかずお)のプロフィール

簗 和生

生年月日:1979年4月22日

出身:東京都小金井市

学歴:桐朋高等学校卒業慶應義塾大学商学部→東京大学大学院経済学研究科修了

前職:日本経済研究所研究員

所属政党:自由民主党(細田派)

簗和生(やなかずお)の経歴

  • 2012年第46回衆議院議員総選挙で栃木3区に自民党から出馬し、みんなの党代表の渡辺喜美に敗れたが、比例北関東ブロックで復活し初当選
  • 2014年第47回衆議院議員総選挙では、前回敗れた渡辺を小選挙区で下し、再選
  • 2017年8月、第3次安倍第3次改造内閣で国土交通大臣政務官兼内閣府大臣政務官に就任
  • 2017年10月の第48回衆議院議員総選挙で、希望の党公認で立候補。公認会計士の渡辺美由紀を大差で破り3選した

 

2012年12月16日から現在に至るまで現職のままです。

簗和生(やなかずお)の過去の主張

簗和生議員の過去の主張は色々あったものの、今回に関連する発言といえばこの二つ。

  • 夫婦別姓反対
  • ヘイトスピーチを法律で規制は反対

 

夫婦別姓は賛否両論があり、個人的にはしたいようにすればいいと思います。

特に目立つのが「ヘイトスピーチの法律規制を反対」という部分です。

 

ヘイトスピーチとは別名「差別表現」のことで、ウィキペディアでその意味を見てみると

ヘイトスピーチは、人種、出身国、民族、宗教、性的指向、性別、容姿、健康(障害)、といった、自分から主体的に変えることが困難な事柄に基づいて属する個人または集団に対して攻撃、脅迫、侮辱する発言や言動のことである。

引用:wiki

そのヘイトスピーチを法律で規制することを反対と唱えているわけですから相当簗和生議員ヤバさが伝わると思います

今回の件だけでなく、根っからの差別主義者なんですね。

 

彼が言う「こうした主張を口にできなくなる社会はおかしい」というのは、いくらその発言が差別的であったとしても口にできなくすることはおかしいということなのでしょう。

自分が気持ち悪いと思うものは気持ち悪い。それを言って何が悪いんだということでしょうね。

その発言が相手を苦しめているとも知らず、それが束になればもう脅威でしかなりません。

 

女性蔑視問題といい、日本はいつ変わるのでしょうかと問いたいですね。

簗和生(やなかずお)に対する批判まとめ

当然のようにたくさん批判はあり、Twitterでは#活動もあります。

 

結局なんだかんだ理由を付けてLGBTを差別したいだけなのでは?

まとめ

きっとこの発言が世界にしれれば大バッシングは確定でしょうね。それぐらいひどい意見です。

最後に、この動画を視聴することをオススメします。それでは。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました