瀧川鯉斗ゴゴスマ降板か!不適切発言で炎上し今後どうなる?【小口直也】

炎上・批判殺到

こんにちは!

 

元暴走族総長の肩書を持つ噺家の「瀧川鯉斗」さんが炎上しているようです。

その理由がTBSのゴゴスマ番組内での「精神障がい者なのかな」という発言がキッカケ。

これには視聴者も違和感を覚えたようです。

 

今回は、不適切発言で炎上してしまった瀧川鯉斗さんはゴゴスマを降板してしまうのか、今後どうなるのかをまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

瀧川鯉斗の不適切発言「精神障がい者」発言の映像

まずは瀧川鯉斗さんがどのような経緯で不適切な発言をしてしまったのかご覧ください。

瀧川鯉斗さんは

本当に卑劣な事件だと思いますし、僕はお金目当ての殺人だと思っていますし、本当に一人で覚せい剤などをやっているならばちょっとね、この人精神障がい者なのかなと思う気持ちもある。

と発言。

これに対して司会の石井亮次アナウンサーは「それに関して(発言)は全く分かりませんけどね」と即時対応していました。

 

番組の終盤では石井アナが「憶測による発言で、障がい者の方が犯罪を起こすということではありません。お詫びして訂正いたします。」と謝罪。

瀧川鯉斗さんも「どうも大変に失礼いたしました。」と頭を下げ、番組は終了したようです。

スポンサーリンク

瀧川鯉斗ゴゴスマ降板か!

今回の不適切発言で瀧川鯉斗さんの番組降板はあり得るでしょう。

 

今は女性蔑視問題であったり、ジェンダー関連の差別に対して非常に厳しくなっている中での「障がい者蔑視」ともとれる差別発言は非常に問題でしょう。

それ以外にも、問題発言後に瀧川鯉斗さんが携帯で誰かと話している部分が映ったりとかなりの波紋を呼んでいます。

また、瀧川鯉斗さんは昔暴走族総長だったこともあり、「これだから元暴走族は・・・」という意見に関しては、今回の瀧川鯉斗さんのように決めつけの意見なのでイケないですよ!

 

今回の騒動で絶対に番組宛てに抗議の電話や文章が届いているはずです。

すぐさまに降板ということは無いにしても、差別発言をしてしまった以上降板は免れないと思います。

番組側も出演させるメリットがないですし、瀧川鯉斗さんは時間の問題といったところでしょうか。

ゴゴスマに出演していた過去の出演者の平均出演年数は?

ゴゴスマに出演していた過去の出演者の平均から、瀧川鯉斗さんがいつ降板するのかについて見ていこうと思います。

 

ゴゴスマは2013、2014年からローカルで始まり、2016年には全国ネットに進出。

そして過去の出演者の平均を見ていくと、大体4月から始まり、来年の3月で出演終了という傾向です。なので約1年ほどのレギュラーということですね。

 

ちなみに、最短で卒業してしまったのは矢口真里さん。

2013年の4月2日~2013年の5月21日でレギュラー終了と約1ヵ月半の出演。

一体何があったのでしょうか・・・

 

瀧川鯉斗さんは2021年4月1日から木曜日のレギュラーなので、もしかしたら最短降板記録を塗り替えるのかもしれません。

正直、ここから来年の3月末までの出演とは考えることは難しく、出たとしても今年の9月ぐらいまでなのかなと思います。

まとめ

瀧川鯉斗さんの発言は憶測で決めつけていて、障がい者差別ともとれる発言で炎上しています。

今後いつかは100%降板すると思いますが、いつになるのかは不明。

ですが、傾向から見て出演し続けたとしても来年の3月までは出演するのではないでしょうか!

 

このサイトでは色々な記事をまとめていますので良かったらどうぞ。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました