peepのお母さん広告が怖いと話題!12月17日から何が起こる?

トレンド

こんにちは!

 

YouTubeを見ていると出てくる広告が怖いと話題になっています。

その広告元を調べてみると、「peep」という小説アプリの広告でした

 

実際にかけた人の話によると、「12月17日にまたかけて」と謎のメッセージが。

 

今回は、peepのお母さん広告が怖いと話題になっているので、どのような目的で宣伝しているのか、また12月17日から何が起こるのかをまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

peepのお母さん広告が怖いと話題!

YouTubeを見ていると出てくる広告があるのですが、peepの広告は一味違っています。

確かに恐怖物ですね。

深夜のテレビ画面のような広告ですね。

スポンサーリンク

そもそもpeepとは?

「peep」というアプリは、ホラーと恋愛のチャット小説を売りにしたアプリだそうです。

peep

他の小説系アプリ同様に、無料でポイントを貯めて、全話読み切ることが可能だそうですね。

ホラー系小説アプリの広告としては大成功?

あの広告を見るまではpeepというアプリを知らない人が多かったはず。

やがてそれは人の目に留まり、怖いと話題になり、知名度がどんどん上がっているようですね。

 

入り方は少し恐怖を覚えますが、宣伝としての効果を考えるのであれば絶大でしょう。

 

ただ一つ、気を付けてほしいのは電話料金!

電話料金

引用:https://www.google.com/search

 

興味本位で掛けるのは個人の自由ですが、通話料金だけに注意してくださいね!

スポンサーリンク

peepのお母さん広告が怖い!12月17日から何が起こる?

実際に電話した人の声を聴いてみると「12月17日に電話を掛けて」という趣旨を伝えられるようです。

 

新イベントが起きるのか、それともまた面白い広告が出てくるのか。

調べてみたところ、これなのかなーと思います。

 

 

累計読者100万人突破に当たって単行本の発売が決定したんですね!

peepのお母さん広告に対してのネットの声は?

まとめ

ネットで話題の恐怖広告「peep」。

広告としては大成功なのではないでしょうか。

 

これを機に読者が増えそうですね!

 

恐怖と言えばこちらの記事もどうぞ!

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました