宮迫博之がラファエルにドッキリし批判殺到!理由や原因などまとめ

炎上YouTuber

こんにちは!すずいちです。

 

宮迫博之さんがYouTuberのラファエルさんに焼肉の肉が実はスーパーで買ってきた肉である(牛宮城では提供しない肉)というドッキリを仕掛け、結果として大批判を食らうという内容になりました。

宮迫さんのなぜ動画が炎上し、批判が殺到したのかについての理由などをまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

宮迫博之がラファエルに肉すり替えドッキリをし批判殺到!

宮迫博之さんが2022年1月13日にアップした動画が波紋を呼んでいます。その動画がこちら

 

なぜ宮迫さんがこのような動画を公開したのかというと、過去に起きたヒカルさんとの試食会での酷評事件を逆手に取ろうとしたからですね。

芸人で言う所の不倫や浮気などのいけないことを逆手に取り笑いに変える、陣内智則さんをイメージしていただくと分かりやすいのかなと思います。

 

そんな宮迫さんの思惑とは反対に事体は悪い方向に進んでいます。

なぜこの動画に批判が集まっているのか理由をまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

宮迫博之に集まる批判の理由や原因は何?

理由①客を試すようなドッキリで信頼を失ったから

宮迫さんがこのような動画を作ろうと思ったキッカケが「ヒカルさんの肉へ対する酷評が理由」と冒頭で語っていますよね。

簡単に説明すると、牛宮城をオープンする前に試食会を開いたが、ヒカルさんが出てきた肉が不味いと酷評。結果的にオープンが延期となりました。

 

過去の歴史についてはこちらでまとめているので良かったらどうぞ

 

そして今回宮迫さんが行ったドッキリの内容は「ラファエルさんを試すような企画」。

言い方を変えると「宮迫さんが食品偽装ドッキリをラファエルさんに仕掛けた」ということになります。

 

これには視聴者も

飲食店をやる人がやるドッキリではない
売り上げ低迷して来たら産地偽装や食品偽装をしそう
客に対する信頼感を下げる最低のドッキリ

などと大酷評です。

 

そしてせっかく来てくれたラファエルさんをコケにするような企画であったことも批判が殺到する理由でしょうね。

理由②スーパーの肉やエバラ焼肉のタレを馬鹿にするような内容

一番視聴者からの批判が殺到したのが「スーパーで買った肉やエバラ焼肉のタレ」を馬鹿にするような発言が理由でしょうね。

スーパーで買った肉をエバラ焼肉のタレをつけて食べるラファエルさんに対して宮迫さんは「とんだ馬鹿舌ですね」と言っています。

なので宮迫さんからすると、スーパーで買った肉を焼き、エバラ焼肉のタレをつけて「美味しい」と思っている我々は「馬鹿舌である」ということになります。

 

このような発言は視聴者を馬鹿にしているだけでなく、生産者さんやスーパーの努力、エバラ焼肉タレを作っている会社の企業努力などを馬鹿にするものです。

焼肉のタレに関して言えば、皆が美味しいと思うから売れているのであり、誰もが美味しいと思えるから売れているのです。

 

今回の件は流石に言い逃れは出来ず、もしかしたら企業等を敵に回すような発言でしょうね。

スポンサーリンク

理由③そもそも世間の信頼感や好感度が低い

少し今回の件とは話が違ってきますが、世間の宮迫さんに対する信頼感や好感度が低いのも原因と考えられます。

話はさかのぼって「闇営業事件」。

 

大まかな詳細は省きますが、事件の中心人物は「宮迫博之」さんと「ロンブーの田村亮」さんが闇営業をしたとして話題になりました。他にも闇営業をしていた芸人さんはいますが。

田村亮さんは周りや相方の支えやサポートなどもあって現在テレビに出ていますが、宮迫さんはテレビに出演していませんよね。

その理由としては明石家さんまさんや松本人志さんの先輩芸人が作ってくれた復帰という道を自ら『YouTubeデビュー』という選択をし潰してしまったからです。

 

完全なる不義理のようで、長い付き合いである芸人を裏切り、浅い付き合いであるYouTuberを選んだ結果このようになりました。

何を選ぼうと本人の自由ですが、現在の状況を見てもらったら分かるでしょう。

どんどんあらたな協力者が現れていますよね。信頼できるのか分かりませんが。

 

このように自分に対する目先のメリットを選んでいる為「薄情ではないか」などと思われる理由もあるでしょう。

宮迫博之のスタッフに疑問の声も

そもそもここまで炎上してきた理由としてスタッフの無能さが噂されています。

視聴者の声は

やっぱり今のスタッフじゃダメだと思います。 何人もいて誰も止めないのは、ちょっとお話にならないです。“普通の判断”が出来る人を入れてください
これさ、宮迫だけじゃなくてスタッフも相当やばいよ。 食を扱う人になるのにこのようなドッキリをしたら色々な意味で信用問題に関わる。 そんなのもわからないのかな?
この違和感に誰も気づかん宮迫チーム大丈夫か。

 

などと、宮迫さん本人だけではなく宮迫さんを支えるスタッフにまで心配の声が多くあるようです。

確かに、チームとして考えるのであれば「これを出したら炎上する」という危機感を持った人が必要なのかもしれません。

  • 宮迫さんのワンマンっぷりが目立つのか
  • チーム全体の危機管理能力が低いのか

どちらかであることは明白です。

 

今のまま活動していれば焼き肉店のオープンどころか、YouTuberという活動自体も危ういですね。

まとめ

牛宮城のオープンは2022年3月1日で決まっているらしく、オンラインサロンなども開設し順調に進んでいるかと思いきや、まさかの逆風を自ら作るという行い。

これには協力者も激怒案件なのではないでしょうか。

宮迫博之さん自身や牛宮城というブランドへのマイナスプロモーションになったことは間違いないでしょうね。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました