かねこあや本の内容が嘘で炎上!いろいろな問題をまとめてみた!

かねこあや・てんちむ

こんにちは!

 

今現在、てんちむさんの秘密を一方的にバラしているかねこあやだが、かねこあやの言動などが嘘であることが次々と発覚しています。

さらに、かねこあやが出版した本が嘘だらけで炎上し、最終的には色々な問題が浮き彫りとなっているようです。

 

今回は、かねこあや本の内容が嘘ばかりで炎上した詳細や、その本に関するいろいろな問題をまとめてみました!

スポンサーリンク

かねこあや本の内容が嘘だらけで炎上!なぜ炎上したかの詳細

まず初めに、かねこあや2019年11月29日に、自身のエッセイ本

中3で親に捨てられて黒ギャルになりクソ金持ちの婚約者に死なれて鬱になったワイがYouTuberになって年収8000万の今だ

扶桑社より出版しました。

 

結構衝撃的なタイトルですよね。

 

今回なぜ炎上しているかと言いますと、「金持ちの婚約者が死んだ」という部分の嘘が明らかになったからです。

毎回、言っていることが変わるかねこあやなので、かなり詳しい詳細は省きますが、炎上の詳細を簡易的に箇条書きでまとめると

  • かねこあや婚約者A・Bがいて、どちらとも他界していると主張
  • 幾度と出演している「コレコレチャンネル」にて、かねこあやの発言の矛盾が生じ、A・Bどちらも生きていることが発覚
  • さらには、現在のBに当たる嫁が「コレコレチャンネル」に匿名でSkype凸をし、夫擁護のために証拠を出すが、声でかねこあやにばれる
  • かねこあやは「今まではBのために嘘をついていたと」主張
  • 結果的に嘘をついていたことになるので炎上!

という流れですね。

 

もう何が何だか分からないのですが、「コレコレチャンネル」で名探偵(通称:コナン)の方が、かねこあやと「B」についてまとめてくれた情報があります。

 

  1. Bは既婚者だが未婚と嘘をつきながらかねこあやと不倫
  2. Bは結婚の話までしておいて指輪までかねこあやに渡す
  3. 現在のB嫁に不倫がバレる
  4. Bはあくまでも「かねこあやとは浮気。本命はB嫁。」別れるために指輪を渡した
  5. Bは手切れ金を渡す代わりに本で死んだことにしてほしいとかねこあやから依頼
  6. Aは存在せず、Bは凄い金持ち

 

と、今までの情報をまとめてくれました。

 

かねこあやはこの情報が出されたときに、「いままで守ってきたのに。全部言いてえわ」などとコメントしていましたね。

その反応を見る限り、かなり信憑性の高い情報と思われます。

 

本の中では「婚約者が死んでしまった私、かわいそう」みたいなスタンスだったと思うのですが、この嘘がバレて視聴者達からは総スカン!

 

 

自らバラす必要のないてんちむさんの情報をバラし、「ナイトブラ × 豊胸」の商品詐欺が問題となりましたが、てんちむさんは自分の非を認め即刻謝罪。

かねこあやは、自身の体験談と言い、本を出版しましたが、その内容が嘘であることが発覚し、結果的には自分に特大ブーメランが帰ってきたようです。

 

かねこあやの本を購入した人からは返金対応を求められるでしょうか。

スポンサーリンク

かねこあやの本がいろいろとヤバすぎる!本についての問題点をまとめてみた!

かねこあやの嘘が発覚し、いろいろな問題が発生しています。

ですので、その問題をまとめてみました!

問題其の1.かねこあやの本はノンフィクションではなくない?

ノンフィクション(英語: non-fiction) とは、史実や記録に基づいた文章や映像などの創作作品。また、その形態。ドキュメンタリーやインタビューなど多肢にわたる。製作上の綿密な調査や取捨選択など作成者の独自色が出る。実話。

引用:wiki

 

もっと細かく言うのであれば、発信者が嘘と認識せずに受信者に話した場合も「ノンフィクション」らしいです。

 

かねこあやの場合だと、一部はノンフィクションでしょう。

婚約者が死んだという表現に関しては、昔も今現在も「B」が生きているということをかねこあやが認識しているのでフィクションですね。

 

これがもし、本を出版した後に「実はBが生きていた」と分かれば、ノンフィクションになるんですけどね。

 

 

結論:一部フィクションと一部ノンフィクションのハイブリット作品!

問題其の2.かねこあやの本は「エッセイ」と表記できるような本の内容ではない!

エッセイ(随筆)の定義は以下になります。

随筆(ずいひつ)とは、文学における一形式で、筆者の体験や読書などから得た知識をもとに、それに対する感想・思索・思想をまとめた散文である。

引用:wiki

 

エッセイというのは、自身の体験を元にして書く文章なので、嘘をエッセイと表記し、出版することはかなり悪質だそうです。

今後の対応が求められることになります。

 

結論:嘘文章をエッセイと表記し販売するのはかなり悪質!

問題其の3.扶桑社とかねこあやはグルだった?

株式会社扶桑社(ふそうしゃ)は、東京都港区芝浦一丁目に本社を置く、フジサンケイグループ傘下の出版社である

引用:wiki

かねこあやは以前「ほんの内容はすべて出版社(扶桑社)の方も全て知っている」と言っていました。

もし、扶桑社側かねこあやについて全て知っていて、「ノンフィクション、エッセイ」と表記した本を出版したのであればかなり悪質で詐欺まがいですね。

 

ただ、扶桑社側が何も知らずにかねこあやの嘘に踊らされたのであれば無関係であり、訴訟物ですね。

 

今後、クレームなどが扶桑社に集まった場合、責任を取るのは「扶桑社orかねこあや?

 

 

結論:グルなら扶桑社はヤバい!グルでなければかねこあやは激ヤバ!

世間の反応は?

まとめ

まとめると、かねこあやの本の内容は嘘ばかり!

一部本当のことを混ぜていると思いますが、それにしてもかなり苦しい状況ですね。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました