池田エライザの動画はディープフェイク産だった!所属事務社の声明も

モデル

こんにちは!

 

Twitter上で拡散されていた「池田エライザ」さんの動画がディープフェイク産であることが発覚し、製作者が逮捕されましたね。

 

一部では「あの動画は本物でディープフェイク産だと嘘をついている」などと言う意見もありますが、池田エライザさんが所属している「エヴァーグリーン・エンタテイメント」が声明を発表しました。

 

今回は、池田エライザさんの動画はディープフェイク産であったことや、所属事務所の声明などをまとめてきました!

スポンサーリンク

池田エライザの動画はディープフェイク産だった!動画を見た人からは・・・

池田エライザさんの話題の動画は9月15日ごろからTwitterにて拡散され始めました。

Twitterでは「エライザ フル」と検索されるなど、多くの人がその動画を視聴しようと検索していたでしょう(笑)

Twitter

 

さらに悪質なのは、その動画を販売する輩がいたのです。

大体相場は「1000~1500円程」でしたね。

 

販売していた人はどのような気持ちなのでしょうか。

池田エライザさんの動画がディープフェイク産だと分かった今、彼らは犯罪に手を加担した形なのでしょうか。

池田エライザのディープフェイク動画の流出はいつから?

実はその問題のビデオの流出は8月末あたりに「大学内で高額取引」されていたようなんです。

 

それを買い取った人が次の人に、次の人にと、どんどん拡散していったそうですね。

では、その動画を拡散した犯人は一体誰なんでしょうか?

 

池田エライザのディープフェイク動画はを作った犯人は?

池田エライザさんのディープフェイク動画を作成したとみられる犯人は「林田拓海」さんだそうです。

熊本大学2年生の21歳の方ですね。

林田拓海

 

前髪が長いですね。

彼が動画を作成し、大学内で販売していたそうですよ。

スポンサーリンク

池田エライザの動画がディープフェイク産について所属事務社の声明

池田エライザさんの所属事務所「エヴェーグリーン・エンタテイメント」から声明文が発表されました。

エヴェーグリーン声明文

引用:中日スポーツ

「エヴェーグリーン」は、池田エライザさんの動画が拡散して以来の誹謗中傷などに悲しんでいて、「SNSは便利で人生を豊かにするツールである」と発表していますね。

 

今年に入ってSNSでの誹謗中傷などが目立っているのもあって、このような声明文を発表されたのだと思います。

個人的にこのような対応は素晴らしいと思います。

 

所属タレントのことを思いやり、守るような手段がしっかりある事務所はいいですね!

ディープフェイクなどの技術進歩には心配の声も

表に出ている情報が常に真実だとは限りません

もしかしたら本当の出来事(不倫やベッド写真など)をディープフェイクと偽ったり反対に今回のようなディープフェイク動画が本物だと言われたりなど、未来への技術進歩に対して不安の声も聞こえてきます。

この技術を使えば犯罪への応用、あるいは隠ぺい、または偽証が簡単に出来てしまいます
「客観的事実として、映像記録はゆるぎない証拠」という概念が頭の中にありますが、それだからこそ怖いです
技術が発達するのはいい事だけど、それを悪用する輩がいる限りつきまとう問題ですよね。
もちろんポルノ問題だけじゃなく、あの俳優の不倫密会写真を作って貶めよう…とか、あの政治家の闇献金授受写真を作って蹴落とそう…とか。
規制しないと危険な技術。
ある日突然身に覚えのない不倫の証拠映像だと偽造された動画が拡散され、面白おかしく槍玉にあげられ、ネットで袋叩きにされた挙句、職や家庭を失う…なんて事があるかも知れない。
一般人が嫌がらせでディープフェイクポルノを作成され、本人のものとして流布された場合の損害は、被害者の人生に大きな影響を与えかねない。
このようなニュースが広まり、「ディープフェイク」という技術について知る機会を得た人も多いのではないでしょうか。
この先、このような話は芸能界だけでなくなりそうな雰囲気がしそうです
みなさんも気を付けてくださいね。

今回の騒動のまとめ

池田エライザさんの動画が話題になり、拡散し始めた時は「えっ!!?」と思いましたが、

結果、ディープフェイクによる偽動画だということが判明しましたね

 

技術が進歩していく中で作られた動画は、大半の人を騙し、一部ではお金を生むなどと異様な結末となりましたが、このようなことはこの先の未来において、まだまだ「序の口」なのかもしれないですね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
モデル
すずいち速報

コメント

タイトルとURLをコピーしました