GACKT(ガクト)はなぜキプロスに滞在してた?仕事の理由を調査!

気になる人

こんにちは!すずいちです。

 

GACKT(ガクト)さんに関する心配なニュースが飛び込んできました。

記事によると「キプロスから帰国後、持病が悪化した」という趣旨の内容が報道されています。

ここで気になるのが「なぜガクトさんは『キプロス』に滞在していたのか」です。

 

今回は、 GACKT(ガクト)さんはなぜキプロスに滞在してたのか、仕事の理由を調査していきたいと思います。

スポンサーリンク

GACKT(ガクト)はなぜキプロスに滞在してた?

多くのネットニュースではこのように書かれています。

エージェント事務所によると、GACKTは8月6日、所用のため滞在していたキプロスから帰国。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/1d16d16b173c88d5c2af8142aebc70fd26b40eaa

 

所要のためキプロスに?これにはファンからも

とかなり気になるといった声が多くありました。

 

「所要=仕事」 であることは確実のようですが、一体ガクトさんはキプロスで何をしていたのでしょうか。詳しく調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

GACKT(ガクト)はなぜキプロスに滞在してた?仕事の理由を調査!

ガクトさんがなぜキプロスに滞在していたのかを調査しましたが、100%確実な証拠、言動などはありません。

なので、以下の文は「推定・予想」といった形にはなりますが、キプロスである理由ガクトさんの活動などを踏まえて書いていきたいと思います。

GACKT(ガクト)はビジネスマンである

まず多くの人が疑問視しているのは「ガクトさんの収入源」です。

実際にYahoo!などで検索してみると候補はあります。

 

これについては恐らく、というよりほぼ100%で「なんらかのビジネスをしている」と言ってしまっても過言ではないでしょう。

それが怪しいか怪しくないかは不明で、ガクトさんを信じるしかないと思います。

実際の所ビジネスは「お金儲け」であり、お金を設ける手段は多数に渡ります。

 

どのようなビジネスをしているのかについては省略し、なぜガクトさんはキプロスに滞在していたのか、その理由を調べたいと思います。

GACKT(ガクト)はなぜキプロスに滞在してた?FXが目的か

そもそもキプロスがどこなのか。キプロス共和国、通称キプロスは、トルコの南の東地中海上に位置するキプロス島の大部分を占める共和制国家です。

引用:https://lapis-stone.net/2019/04/25/travel-turkey-5-2/

 

実はこの島、FXがかなり盛んなようで、実際に会社も多く存在しているようです。

FX(外国為替証拠金取引=Foreign exchange)

外国為替証拠金取引とは、証拠金を業者に預託し、主に差金決済による通貨の売買を行なう取引をいう。

つまり、外貨を比べた時に生じる差額で儲けを出すビジネスのことです。

 

まあこれは怪しいビジネスではなく、立派なビジネスなのではないでしょうか。

なぜガクトさんがキプロスを選んだのかと言われると「FXが理由」なのかもしれません。

 

わざわざ「FXをしにキプロスに行ってきます」というわけもないですし、可能性としては無くはないと思います。

スポンサーリンク

GACKT(ガクト)はなぜキプロスに滞在してた?タックスヘイブンが目的か

もう一つの可能性としては「タックスヘイブン」が目的なのではないかと予想できます。

タックス・ヘイブン(Tax Haven)とは、課税が完全に免除されたり、著しく軽減されたりしている国や地域のことで、租税回避地、低価税地域とも呼ばれる

 

一種の節税対策のようなものでしょうか。

実際にウィキペディアでキプロスを調べてみると

主要産業は、観光業と金融業であったが現在は法人税の低さから実態のある会社の拠点を置く企業も増えている。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B9

 

もしかしたらガクトさんもキプロスに何らかの会社の拠点を置いているのかもしれませんね。

詳細や実態については不明ですが。

GACKT(ガクト)に対する世間の声

まとめ

なぜガクトさんがキプロスに滞在していたのか、100%の詳細は不明でガクトさんが語っていないので不確かなのは事実です。

ただ、仕事としての理由で滞在していたのであればキプロスという場所の性質上、何らかのビジネスなのではないかと考えられますね。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました