コムドットやまとの脅迫が炎上!性格悪すぎで嫌い・落胆の声多数!

炎上YouTuber

こんにちは!すずいちです。

 

今問題になっている緊急事態宣言下の大人数飲み会。

あやなんさんを筆頭にコムドット、水溜りボンドなどのメンバー総勢30名以上で飲みカラオケをしていたようです。しかも深夜3時まで。

そしてYouTuberを取り締まるコレコレチャンネルではその内容を話したほかに、コムドットやまとさんの脅迫まがいの行為を発表し炎上しているようです。

 

今回は、コムドットやまとさんが一般人にした脅迫内容についてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

コムドットやまとの脅迫が炎上!リーク元はコレコレチャンネル

コムドットについて暴露されたのはこの動画で。23分20秒頃~

※現在、脅迫部分は動画でカットされています。

ちなみにコムドットはTwitterで謝罪。

 

少しの間自粛するようですね。

スポンサーリンク

コムドットやまとの脅迫が炎上!詳しい内容まとめ

次にコムドットやまとさんが過去に行っていた脅迫についてまとめていきたいと思います。

なぜやまとさんが脅迫したのかは一般視聴者が上げたインスタグラムのストーリーが原因。

引用:Twitter

 

簡単に言うと盗撮ですね。まあもちろんこの行動は良くないんですが、それに対してやまとさんが送ったDMがこちら。



引用:Twitter

 

これは完全にイメージダウンです。

今の時代に「住所教えて」と聞く人がいるんですね。完全にヤクZです。言葉遣いも悪いですし、いくら盗撮されて腹が立っていたとはいえ「ごみ」とかいう言葉はどうなのかなと思います。

引用:Twitter

 

なぜここまで怒っているのかと言うと、コムドットのメンバー方針なのかは分からないですが、もしメンバーに彼女が出来たりしたらそれを公表しない形で活動していくようです。

それは彼女を守る為という表向きの理由ですが、本当はファンがガッカリしない為、離れない為なのではないでしょうか。

 

コムドットで特に人気のメンバーは「ひゅうが」「やまと」さんで、女性人気も高いでしょう。普通にかっこいいですしね。

その人に彼女がいるとなると彼らを推している人はショックを受け、ファンが離れていく、俗に言う「アイドル」のようなものでしょうね。

だからこそ勝手にストーリーに上げられて激怒したのでしょうね。

 

この件に関しては登場人物どちらも悪いですが、やまとさんのイメージダウンは計り知れないでしょうね。

スポンサーリンク

追記:脅迫問題は解決済みの模様

7月23日にコムドットが以前より問題とされていた「脅迫問題」について言及。

 

動画を見る限りでは後輩と揉めたようですね。

後輩の方は写真とかは撮っておらず、やまとさんは「俺も言い過ぎた部分はある」「言葉遣いも含めて良くなかった」と反省しているようで、現在は問題解決に至ったようです。

コムドットやまと過去の炎上まとめ

コムドットといえば過去に数回炎上しています。内容は

  • TikTokのラファエル野球拳
  • 道開けろ発言
  • 緊急事態宣言下の飲み会(1度目)

 

上二つの野球拳、道開けろ発言は正直ぬるいのですが、2021年3月12日に発覚した飲み会の方は結構炎上していたようです。

その飲み会の内容をまとめると

  • 宣言下に10名を超える飲み会をマスク無しで開催
  • メンバーはコムドット、中町綾、アバンティーズそらちぃ

 

これにはさすがに批判殺到で「自分たちの影響力を考えてほしい」「時期が時期なのに何やってるの」と言われていました。

このような発言を受けて中町兄弟らは

「私の行動で不快な思いをさせてしまい申し訳ありませんでした」

と反省の態度を示していましたが、やまとさんだけは違いました。

みんなでご飯を食べたことは正直責められることではない

 

このような開き直った謝罪をしてさらに炎上していましたね。

その後はインフルエンサーとしての自覚が足りなかったと再度謝罪していましたが、その謝罪の気持ちが本当なのかは不明ですね。

 

今回の飲み会が2度目。そして30名を超える大人数で深夜3時まで。彼は一体何を学んだのでしょうか。

きっと炎上したら謝罪すればいい、バレなければ何をしてもいいという考えなのでしょうか。

スポンサーリンク

コムドットやまとの性格悪すぎで嫌い・落胆の声多数!

まとめ

流石に2度目の飲み会はアウトですね。

有名人にはもちろんプライバシーはありますが、有名だから失うものは当然あると思います。

それを理解せず他人のせいにしてしまうのはどうなのかなと思います。しかも恐喝のような形で。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました